「当たり」と「ハズレ」



  バカげた企みほど手間をかける

  企画は自分の中にしかない

  会議は短い方がいい

  勝ち続けるために負けておく

  文句や悪口にこそヒントがある

  「イヤな気持ち」は排除する

  計算だけでは100点は取れない

  マジメと迷走は紙一重

  企画書を通すにはコツがある

  かわいがられた方が絶対にトク

  仕事は自分から取りに行け

  常識がないと「面白さ」は作れない

  芸人は何を企んでいるのか

  「企み」は仲間と共に



 " 当たり " を作る人は凄いですね♪

これ、逆にやってみると・・・

 「 ハズレ 」 になりますね(;_;)/


最幸!
スポンサーサイト

| 思考作語

日本はイベント時のみ神降臨。本当のお祝いは1月。

  この夕刻から明日まで、キリスト様が地上に降りられたお祝いをしませう。

いつもお見守りくださり、ありがとうございます
かくあれかし。

日本では恋人や家族が、その仲を深めるイベントですね。
それにより、いろんなものが潤う。
かくあれかし。

私にクリスマスはない。豆菓子をボリボリ食べながら仕事中。
私の神はキリスト様ではない。神はすぐ近くにおられます。
一月に生誕祭が執り行われます。
目に見える神、すぐそこに居られる神、皆で盛大にお祝いしましょう
かくあれかし。


e70b1ed6.jpg 

| 思考作語

THE POSITIVE MEN


物事を楽しむには


いつ、どこで、どのようにして

は、大した問題ではない


誰と

が、重要なのだ



dcdsvd 


ハッピ~メ~ン♪ (*´з`)

| 思考作語

あなたが今見ている「それ」を当たり前と思わないでほしい。


ふだん、我々が見ている物。

人、動物、車、ひまわり、レタス、さつまいも、じゃがいも、シュシュ・・・・

これらは我々が持つ「眼」を通して見える色、すなわち光の集合体を それぞれを物として認識している。 言わば 我々が内側から見た世界の物、自分にしかそう見えていない世界の物なのだ。

人間が認識する物、地球という星、宇宙というギャラクシーは全て「眼」を通したものからできあがっている。 今見えている景色は「眼」が存在することにより見え得る世界なのだ。

人は「見る」ことに たより過ぎているので「眼」に映るものは絶対だとして疑わない。 だが、人間が内側から見た " その物 " は外側から見ると " その物 " とは違うものなのだ。どう違うかは、私も人間なのだからわからない。

え?それを教えて欲しいって??

蝙蝠の気持ちになってみれば、私の言っていることが少しは理解できるかもしんない。

蝙蝠も見えている、だが人間の それ とは全く違う世界が。

それでもわからない、蝙蝠←これなんて?という人は、最近ますますマブタの降下が著しい八田五段に尋ねてみるといい。彼はほとんど目で物を見(え)ていない第六感を持つ男だからわかるだろん。



さて、前置きが長くなりました。

Mr.Bさん先輩に起きた信じられない出来事。 波平は信じます。 図解付きのレポがリアル!

空間のゆがみ?時空のひずみ? 人間の考えられる範囲を超える「何か」がそこに存在した!!

私たちが生けるこの世界。 おっもしろいな~

| 思考作語

~ 談笑平生の如く ~

  先日読んだ本に載っていて、心打たれた言葉を紹介したいと思います。


「 悟りといふ事は如何なる場合にも

平気で死ぬる事かと思って居たのは間違いで、

悟りといふ事は如何なる場合にも

平気で生きて居る事であった 」


これは野球大好き青年、正岡さんの言葉です。 ( 一部省略 )

これを読んだ時自分の中に衝撃が走りました!この言葉は 一周した 人の言葉だと感じました。

紆余曲折、巡り巡って一周した人の言葉。

波平は一周どころか半周もしてないティンカS野郎。 だから一周した人の話は面白い、ためになる。

身近にもいますね、これがやはり面白い、ためになる。



 さあ、正岡さんの他の言葉も紹介!


       「 世間 恐るべきは猛獣毒蛇にあらず、壮士暴客にあらず、

             ただ勉強家と沈黙家と謙遜家のみ 」

             

             

       「 あせっちゃ、
          

           ならんぞな 」

 

       「 生きている限り、人間は全てを奪われることはない 」



「 吾等なくなり候とも、
葬式の広告など無用に候
家も町も狭き故ニ三十人もつめかけ候はば柩の動きもとれまじく候
何派の葬式をなすとも柩の前にて弔辞伝記の類読み上候事無用に候
戒名といふもの用ゐ候事無用に候
曾て古人の年表など作り候時狭き紙面にいろいろ書き並べ候にあたり戒名といふもの長たらしく書込に困り申候
戒名などは無くもがなく存候
自然石の石碑はいやな事に候
柩の前にて通夜することに無用に候
通夜するとも代りあひて可致候
柩の前にて空涙は無用に候
談笑平生の如くあるべく候 」



img_1062907_30728359_0.jpg 

| 思考作語