おわりのはじまり


 今朝、起きてポストを開けると

一通の手紙が届いていました。


 ” NASA in U.S.A "


と消印が押されたその手紙は

今月22日に試合を控えた八田からのものでした。

( RYO、今アメリカにいるんだ・・・ )

中には一文だけ


 「 お待たせしました。YOU TUBEをご覧になってください 」


と。

( なんだろ? )

眠たい目をこすりながら携帯でそのページを開きました

動画が始まった刹那、

私はおったまげました。


とんでもない予感 


パタリ。

動画が始まり、ほんの0.002秒で携帯を閉じました。

全て見る必要はありませんでした。

画面を一瞬見ただけで


 " 八田が神化した "


そう解りました。


ゴクリ。

唾きを軽く飲み込むと、出発の準備をしました。

私は極上の食べ物、究極の漫画本、至高の映像を頂く際に
ダラダラとこたつの上でミカン食いながら・・・なんてことはしません。

己の五感が最大限に研ぎ澄まされる場所、

そう!

 " 精神と時の部屋 " へ旅立つのです!!




 今回頂く場所は、車で走ってすぐの " 時の部屋2-3 " です。

T2-31.jpg

途中で下車して、林の中をひたすら進み、、

T2-32.jpg

少し登ったら左折、、、

T2-33.jpg

見えてきました。

T2-34.jpg

精神と時の部屋2-3です。

T2-35.jpg

この中で正座をしてお茶を少しすすり(本当なら濃いめのコーヒーが良かった)、ノートパソコンをゆっくりと開き動画を頂きます。

ピンと張りつめた冷気とスネに感じる冷た過ぎるアスファルト。 最幸です。

電気だの充電だの、世間の俗物はここにありません。 バッテリーの残量だけが、少し気になります。







 ・・ー 只今鑑賞中 ー・・ 






・・・早速、

見終えた感想を言いましょう。


校長 




EXCELLENT

その一言に尽きます。




utyuu.jpg

こんなんから始まっちゃいます。

動画のクリエイター、ぐっじょぶ v

utyuu2.jpg

「ほんとはもっとちーちゃいんですよ。まーわかりやすくするために・・」

宇宙を体現する八田。

utyuu3.jpg

キャメラマンのフレームワークがハンパねぇ。

八田の手を、顔を、どんどん追い掛け回す!!

いくら極上の材料が用意されても、さばく人間が下手糞じゃあ話になりません。


始まって数秒で涙がチョチョギレましたよ。

今の今までは八田がまるで活きていなかった。 プロではなかった。

試合は強くて面白い。が、プロ。

だが、それ以外の事は格闘技以外の何かで魅せなきゃプロじゃない。

プロがインタビューでフツーに試合の抱負や意気込み語ってどーすんの。 そんなアマのチュアみたいな選手、多いですよね。

八田はむしろ格闘技の強さより、それ以外の方が面白い。 なのにそこが今まで全く活きていなかったので悔しい思いをしていた。

今回の動画冒頭の宇宙絡みは、やっと八田の本来の持ち味が出た、と言ってもいいだろう。 もちろんこれは面白八田の氷山の一角にしか過ぎないのだが・・・

数十年前に、はま寿司でシースー食いながらこの宇宙話嫌々聴かされてたあの頃が懐かしい。


 そして、

ようやく始まった八田劇場!と思った今回の試合が最後の試合。

創造と破壊を地で行く男、、、なんておもしれーんだ亮は!!!


002.jpg

さーて、2.22。 一体何が起こるのか!?

八田劇場が楽しみで仕方ありません。


皆の者、八田亮に刮目せよ!!!!!!!!!!!!!!!!!


最最高高、最幸幸☆彡


utyuu6.jpg

スポンサーサイト

| 映画