スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

波平から若者へ~ 2011・夏

          「 熱魂懸命 」


俺は自分に敗れた。

だから言いたい。


若者よ。自分の魂を、情熱を、ぶつけるものはあるか。


なければなくてよい。

あるならやればいい。


親は止めるだろう、

大人は反対するだろう、

仲間は無理だと言うだろう。

だが、

やればいい。


己の魂をたぎらせ、情熱を爆発させろ。

爆発力は今しかもたない。

自分を治めるのは、

丸い大人になってからでいい。


相手が何を求めるかじゃない、

自分が何をしたいかだ。

大衆にへつらうのは社会に出てから腐るほどできる。


やるなら人の喜ぶことをやれ。

人に悲しみを与えるために君は生まれたんじゃない。


転んでも、

すねても、

外れても、

失敗しても、

心折れてぐしゃぐしゃになっても、


とにかくやり続ければいい。

やり続ければ必ずやれる。


やれない時は、

この世で生を終える時のみ。


若者よ。

君の才能は、

自分の未来を信じ疑わない心だ。


明日へと続く道、

今、

行くのだ若者よ。

                        波 平

スポンサーサイト

| 思考作語

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。